スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.04.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

本居宣長旧宅跡 附春庭旧宅・土蔵


本居宣長旧宅跡 附春庭旧宅・土蔵 


三重県松阪市魚町にある本居宣長旧宅跡です。 近世を代表する国学者 本居宣長(1730-1801)が、12歳から72歳で生涯を閉じるまでの60年間を過ごされた場所です。


本居宣長はここで医者を開業する傍ら、日本の古典を研究し、「古事記伝」や「源氏物語玉の小櫛」など78種206冊に及ぶ著述を成し、また全国五百余名の門人を指導されました。


現在、旧宅跡に礎石とともに残る家は、本居宣長の長男 春庭の旧宅と本居家の土蔵です。


松阪牛の美味しいお店「牛銀本店」と同じ道筋にあります。





JUGEMテーマ:南紀・伊勢志摩
 



スポンサーサイト

  • 2012.04.05 Thursday
  • -
  • 11:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

look and see

リンベル 選べる<体験ギフト> リンベル<温泉 ホテル 食事の贈りもの>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM